猫の種類「ぶち猫」

%25E3%2581%25AD%25E3%2581%2593_201009_1_

「ぶち猫」とは、主に白黒2色の毛がまだら模様になっている猫をいいます。花の木シェルターの保護猫の中では、多数派でも少数派でもない、中間層の猫と言えます。(笑)

 

黒の部分が額の真ん中から八の字に分かれているものが「ハチワレ」、身体の白い部分が比較的多く、牛のような黒いまだら模様があるものが「牛柄」、手足や胸以外ほとんど黒のものが「タキシード」と呼ばれています。模様も性格も可愛い保護猫たちですので、優しく迎えてくださる里親様をお待ちしています!

里親募集中の「ぶち猫」

※画像をクリックすると詳細情報が見られます。