54頭を多頭飼育崩壊から救出

最終更新: 2月7日

2020年12月30日(水)


今日は、北名古屋市で発生した35頭の多頭飼育崩壊のお宅を花の木シェルターが救援することになったので、そのことを書かせていただきます。


花の木シェルターは、原則として名古屋市内を活動範囲としていますが、

  • 今回のケースに対応する動物愛護団体が北名古屋市内になく、飼い主から花の木シェルターに相談があったこと

  • 北名古屋市を管轄とする愛知県動物愛護センター尾張支所は収容能力が少なく、もしも飼い主が諦めてセンターに猫を持ち込んだ場合、殺処分されてしまう可能性が高いこと

  • 同時期に名古屋市内でも19頭の多頭飼育が発覚しており、不妊手術等合わせて実施すれば、多少負荷が減らせそうなこと

などから、合計54頭(!)の猫のレスキューと不妊手術を、年末年始に一気に進めることになりました。


多頭飼育崩壊とは

 

花の木シェルターのサイトをご覧いただいている方ならすでにご存じかと思いますが、「多頭飼育崩壊」とは、一般的に、最初の「数匹」に適切な避妊・去勢手術を施さなかったばかりに、あっという間にペットが増えてしまい、飼い主が適正に飼育できる数を超えた結果、経済的にも破綻し、ペットが飼育できなくなる状況を言います。


多くの場合、不衛生な環境で十分な餌や水も与えられずに多数のペットが飼育されており、飼い主にもペットにも病気やストレス等の支障が出ます。また、悪臭や鳴き声などによって周辺の生活環境も損ねるため、「多頭飼育崩壊」は近年、大きな社会問題となっています。


多頭飼育崩壊の現場は・・・

12月28日・29日の両日、花の木シェルタースタッフとボランティアの方々が、猫の捕獲および飼育場所の清掃のため、北名古屋の現場に入りました。そこには親子3人も暮らしておられるのですが、外観からの想像を超えて中は荒れ果てており、強烈な異臭が・・・。



また、中に入ると、突然の侵入者を警戒し、睨みつける猫たちの姿。↓

ケージに入っていない猫は狂暴で、飼い主もケージに入れられなかったものが多いため、飛びかかられないように注意が必要です。


ケージに入った猫もいますが、ケージにはトイレシートも敷かれておらず、一段ケージに3匹もの猫が入っていたりして、猫自体も強烈な悪臭を放っています。


スタッフとボランティアさんの努力で・・・

まずはケージに入っている猫を室外に出し、それから室内の清掃にかかります。


悪戦苦闘すること2日、なんとかここまでキレイになりました。↓


保護した猫たち

どうしても捕まえられない猫が10頭ほどいましたが、それらは改めて捕獲することにして、昨日はケージに入れることができた25頭を花の木シェルター本館に連れてきました。これが保護された猫たちです。↓


元々、花の木シェルター本館には100頭以上の猫がいて満杯だったので、現在、すし詰め状態です。(笑) 


次のステップは、保護猫の避妊・去勢手術


多頭飼育崩壊の現場から猫を連れ出すだけでは救出は終わりません。むしろ、そこからが本番で、次のステップは保護猫の避妊・去勢手術の実施です。


今回は、名古屋市内の19頭と合わせて合計54頭の不妊手術を、1月4日~6日までの3日間で一挙実施の予定です。(そのため、花の木シェルターは臨時休館といたします。)また、フィラリアやノミ・ダニ・回虫の予防駆除薬の投与なども急いで行わなければならないため、今、スタッフは睡眠時間も削って対応しています。


最終ステップは、里親様への正式譲渡です!


今回保護した猫たちの里親さまを募集します。


辛い思いをした猫たちを家族の一員として迎え、健やかな環境で終生養ってくださる里親さまを募集いたします。


実は、多頭飼育崩壊の現場にいた猫たちは強烈な悪臭がします。(笑) でも、2週間ほどでどの猫も普通になります。(清潔な環境にいれば、自然に消えるようです。)人に触られるのを嫌がらず、トイレもちゃんと決まったところでできる猫から順次、里親募集のお知らせをいたしますので、どうかご検討をお願いいたします。不妊手術や寄生虫駆除はもちろん、3種ワクチン接種やウイルス検査を行い、マイクロチップなどもきちんと装着した上でお渡しいたします。


そして、皆様へ、切実なお願い


今回保護する猫たちの医療費や、猫の毎日の食事・猫砂など、すぐに必要になる経費だけでも相当高額にのぼることが予想されます。将来的には飼い主さんから毎月1万円月賦などで返金してもらう予定ですが、完済されるまでには10年以上かかるため、常にギリギリの状態で運営している花の木シェルターにとっては大きな負担です。そこで、


物資支援をお願いします。

  • ペットシーツ、トイレ砂

  • フード(ドライ・ウェットいずれも。メーカー指定などはございません。)

など、あらゆる物資が必要です。上記以外の支援物資も有難く頂戴いたします。宜しければ、Amazonのほしいものリストをご利用ください。


ご寄付のお願い


金銭的なご寄付も大変、大変有難いです。現在、クレジットカードによるご寄付も準備中ですが、今現在は銀行振込にしか対応しておりません。お手数をおかけして誠に恐縮ですが、以下の口座へのお振込みをお願い申し上げます。


●ゆうちょ銀行

 記号:12180 番号:51311241 口座名義:花の木シェルター ※他行からのゆうちょ口座へのお振込みは以下になります。   店名:二一八(読みニイチハチ)/ 店番:218

  口座種類:普通預金   口座番号:5131124

  口座名義:花の木シェルター ●名古屋銀行  柳橋支店(118)  普通口座  口座番号:3312294  口座名義:花の木シェルター


何とか皆様のお力をお借りして、この難局を乗り切っていきたいと思っております。

ご理解とご支援のほど、お願い申し上げます。


また、この猫たちの状況は、随時、ブログでお知らせしてまいります。引き続き、ご高覧のほどお願いいたします。

1,857回の閲覧

最新記事

すべて表示